みやざわ農園

みやざわだより

インドネシアから視察団が訪問 農園レポート
2018.11.07

インドネシアから視察団が訪問

9月11日、インドネシアから「グリーンプラネット社」の方が、農薬を使わない農業を目指す現場視察のため、当園にお越しになりました。

詳しくはこちら
清水神社の神楽 農園レポート
2018.10.25

真田幸弘公から「検分」を任された宮澤家

〜秋祭りを守って250年〜

みやざわ農園の「宮澤家」は、江戸時代から続く長野県真島町の旧家。
毎年10月には、式内清水神社の秋祭りで、清水神社に向かう神楽を検分する役目を約250年間担ってきました。

神楽の「検分」について、詳しくはこちら
「とれたての桃」と「樹上完熟プルーン」で ジャムを製造中! 製品情報
2018.10.25

「とれたての桃」と「樹上完熟プルーン」でジャムを製造中!

2017年から、みやざわ農園のオリジナルジャムを製造しています。
洋酒で香りづけした、甘さ控えめの大人のジャムは、女性から大好評です。

とれたての桃で作った「白桃ジャム」は、桃ならではの味わいを楽しんでいただくため、果肉をできるだけ大きく、ゴロリとカットしています。

「プルーン」はぎりぎりまで枝で完熟させていますから、マーケットで販売されている酸っぱいプルーンとは、別のフルーツかと思うくらい、甘くてジューシーなのが特徴です。

プルーンの葉が落ち始めると、りんごの収穫の季節。 農園レポート
2018.10.25

プルーンの葉が落ち始めると、りんごの収穫の季節。

梨の収穫が終わり、プルーンの木から葉っぱが落ち始めると、鈴なりになったリンゴの実が、赤く色づくシーズン。

リンゴの中ではじめに色づくのは「秋映」。
光沢のある濃い赤で、農園が彩られます。

10月中旬を過ぎると、やさしい赤の「シナノスイート」・「シナノゴールド」、そして「シナノホッペ」の収穫へと進み、11月中旬には、蜜のたっぷり詰まった「ふじ」が色づき始めるのです。

「3種のりんごジュース」まもなく登場! 製品情報
2018.10.25

「3種のりんごジュース」まもなく登場!

11月の初旬に、とれたてのりんご3種をブレンドし、ジュースを作ります。
すでに加工所は予約済み、あとはりんごを収穫するだけです!

みやざわ農園では、長野県のりんご3兄弟と言われている、「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」をブレンドしています。
すっきりとした甘さで、りんごの香りを楽しんでいただけます。

「まるごとりんご」のジュースは「ふじ」のみを使用しています。
「ふじ」の収穫は11月からですから、12月の中旬以降にしぼる予定です。
こちらも楽しみにお待ちくださいね。

TOPへ戻る